防水ドック|熊本市のマンション・ビルの雨漏り防水無料診断

診断しないと、どうなるか?

雨漏り診断

まだ雨漏りにはなっていない場合でも、時間が経つにつれて雨漏りになる可能性が徐々に高くなります。

「今はまだ大丈夫」と思っていても、毎日、防水層は傷んでいるのです。雨漏りは突然発生します。いよいよ痛んでしまって修復が難しくなると、一度に多額の費用がかかってしまうのです。

・・・と。

このようにお伝えしたとしても、なかなか実感は沸かないものです。当然です。私も防水専門だから言えますが、防水以外のこと(たとえば、歯の予防)だったら、放ったらかしにしてしまうかもしれません・・・。

だからこそ、「放ったらかしにするとどうなるか?」を理解するために、【防水層】についてご説明したいと思います。

防水は総建築費用のたった1~3%

マンション・ビル・病院

防水にかける費用は、ビル・マンションを建築する費用のたったの数%しかかけられていません。特に、屋上は普段見えない部分なのでおろそかになりがち

私が調査にいった際に、トンデモナイ防水を見かけることもあります。 (もちろん、悪い意味で・・・)

でも、防水には10年間の保証期間があります。
だから、「10年も保証されているから安心、大丈夫」と思ってしまうのです。

防水は毎日劣化する“消耗品”

雨の日も雪の日も、太陽がガンガン照りつける日も、ビル・マンションで一番自然にさらされているのが屋上の防水層です。

毎日働いている優れものだからこそ、時間が経つごとに劣化していきます。
劣化するということは、機能が衰えているのです。

機能が衰えていくと、あるとき漏水を引き起こすのです。
漏水を引き起こすと、場所によっては大きな費用を負担しなければならなくなります。

事前に診断することで、長く持つようになります!

防水層は毎日劣化しているとご紹介しました。

特に、「紫外線」のダメージを受けます。
(人間の肌と同じかもしれません)

ダメージを和らげたり、受けにくいようにするためには、「現在どのような状態になっているか?」の診断が必要です。

問題点さえわければ、その対処方法も判明するのです。

調査することで、もしかすると、何も対処する必要がないかもしれません。「あと、何年大丈夫」ということもわかるかもしれません。

防水ドック

実際に確認しなければわからないことなので、まずは無料調査を受けてみませんか?

あなたの不安をスッキリさせませんか?

※当社は、売り込みをするために「防水ドック」無料調査をしているわけではありません。わかりやすい『調査報告書』を提出することで、ご判断いただくための客観的な資料を提供しています。

次のような流れで調査します。

「防水ドック」へのお問い合わせ

まずは、電話またはメールにてお問い合わせください。売り込み等おこないませんので、ご安心ください。

調査日程調整

調査をする日程を調整します。

調査開始

1時間~2時間程度 屋根に上がって、目視や指触によって専門家の目で判断します。

「調査報告書」の提出

診断結果は、写真を添えてわかりやすく解説した『調査報告書』を提出します。

お気軽にお問い合わせください。

「防水ドック」にご興味のおありの方は、電話またはメールにてお問い合わせください。メールでのお問い合わせは、下記フォームから必要情報をご入力の上、ご連絡ください。

必須お問い合わせ項目class
必須メールアドレスmail address
必須確認のためもう一度confirm mail address
会社名company
必須お名前your name
フリガナassumed name
必須電話番号telephone number
必須郵便番号postcode
郵便番号を調べる
必須ご住所address
  1. 都道府県
  2. 市区町村
  3. 丁目番地
備考inquiry body

 

プロフィール

代表取締役 岩﨑 博
世希サポート(株)
代表取締役 岩﨑 博
→プロフィールはこちら

建設会社・不動産管理会社様へ

ブログ